夜行バスだと必ず座ることができる

電車で移動しようと思うと座れない可能性もでてきます。しかし、夜行バスであればどれだけ混雑していても座席が決まっているので座ることができるでしょう。

夜行バスを利用した口コミ

枕は絶対に持っていったほうが良いですよ!

枕を持っていけば首や腰の負担を軽減することができるので、目的地に着いてからの疲労感が全然違います!簡易枕であれば安く手に入れることができるので枕を使うことをおすすめします!

早めの予約で割引をしてもらえました

旅行の日程が早く決まっていたので、早めに予約をしたら通常料金から割引をしてくれました!直前割もあるみたいなので、割引がある時に予約をすると良いですよ。

色々なご当地グルメを食べることができた

高速道路のサービスエリアで休憩があるので、その時にご当地グルメを食べることができました。旅行先以外でもご当地グルメが食べられる夜行バスはおすすめです。

思っていたほど揺れが少なかったです

夜行バスを利用するのは始めての利用だったのですが、思っていたほど揺れがなかったです。揺れが少なかったので、ぐっすりと快眠することができました!

できる範囲で足の運動やマッサージをする

ずっと下に足を置いていると血流が悪くなると聞いたので、できる範囲で足首を回したりマッサージしたりしていました。そうすると、運動やマッサージをしていなかった時に比べて足の疲労感が格段に違いました!

夜行バスのことを知っておくと京都から目的地まで快適に過ごせます

夜行バスは交通機関のなかで格段に安い

旅行に行く時に、費用が高くつくのが交通費です。夜行バスでは、この交通費を他の交通機関より半分に抑えることができます。交通費が安くなると、旅行で使えるお金が増えるようになるでしょう。

時間を有効活用できる

夜行バスは夜に出発なので、学校終わりや仕事終わりからでも問題ありません。また、朝に目的地に着くので旅行に費やす時間が増えるので無駄な時間がなくなるでしょう。

簡単に予約することができる

最近では、インターネットで予約をすることができるようになっています。支払いもクレジットカードやコンビニで支払うことができるのでバス会社にわざわざ行くことはありません。

夜行バスでの飲酒

アルコールを飲むことで眠りにつきやすいので夜行バスで飲む人がいます。多少の飲酒であれば問題はありませんが、多く飲んでしまうとアルコール臭くなってしまうので量に気をつけて飲みましょう。

夜行バスを選ぶ時のポイント

コンセントがあるバスを選ぶ

夜行バスは長時間の移動になるので、コンセントがあると便利です。コンセントがあれば携帯電話の充電切れの心配をしなくても良くなるでしょう。また、消灯時間までパソコンで作業することも可能になります。

フットレストがある夜行バスを選ぶと疲れが軽減できる

足を長い時間下に置いていると、血液の流れが悪くなりエコノミークラス症候群になる場合があります。しかし、フットレストがあると足を上げることができるので疲れが軽減でき、エコノミークラス症候群の予防にもなるでしょう。

腰を安定させると疲れにくい

座り続けていると腰に負担がかかってしまいます。腰に負担がかかり続けていると疲労感が大きくなってしまうでしょう。この負担を軽減するには、腰を枕やタオルで安定させるとことで疲労の軽減が期待できます。

予算を見ながらゆったりできるバスを選ぶ

バスによってシート幅や列数は違います。ゆったりと快適な環境にするにはシート幅が広く、列数が少ないバスを選びましょう。シート幅が広けれ余裕を持って座ることができるでしょう。また、列数が少なければスペースを有効活用できます。

カーテンなどの仕切りがあるかで選ぶ

夜行バスによっては、座席をカーテンで仕切ることができるものもあります。カーテンで仕切ることができると周囲を気にせず眠ることができるでしょう。ですから、仕切りがあるかないかは重要になります。