荷物が多くても乗り換えがなく目的地に行ける

夜行バスは電車のように乗り換えがありません。ですから、荷物が多く移動が大変でも目的地に直行で行くことができます。夜行バスであれば楽に移動することが可能になるでしょう。

夜行バスでは何が起きるか分からないので準備が大事

夜行バスは、長時間の同じ態勢で移動しなければなりません。そうすると、体調不良が起きる可能性もあります。この場合に、常備薬を持参していると万が一の場合でも柔軟に対応ができるでしょう。

夜行バスのエチケット

リクライニングシートを使う際には気遣いをする

夜行バスには、座席を深く倒すことができてリラックスをすることができます。このリクライニングシートを倒す時は、後ろの人に一言声を掛けるようにしましょう。

消灯後の電気機器などの灯りに気を付ける

消灯後には、車内は暗くなります。ですから、ちょっとした灯りでも周囲の人に迷惑がかかります。電気機器の使用はできるだけ控えることが大切です。また、カーテンも外からの光が入らないようにしっかりと締め切っておきましょう。

音楽プレーヤーの音漏れに注意する

車内は寝ている人もいるので、静まり返っています。この中で、音楽プレーヤーで音楽を聴くと小さい音量でも音漏れをしてしまう可能性があります。音楽を聴く際には、音漏れがしてないか確認しておきましょう。

飲食のマナー

夜行バス内では、飲食は禁止されていません。しかし、においが強いものであれば車内に充満してしまいます。においが充満してしまうと、気分が悪くなる人もでてくるのでにおいの強いものは避けておきましょう。

夜行バスを利用した口コミ

車内での携帯電話の使いすぎには気をつけて!

車内で携帯電話を使いすぎて旅行をするとすぐに充電切れになってしまった。充電切れになると現地で使い物にならないので、車内での使い過ぎはやめておいた方がいいです!

夜行バスに乗る時はメガネの持参が便利

夜行バスは時間になると灯りが全てなくなります。そうなってしまうと、何も見えないのでコンタクトがつけにくいです。コンタクトは、消灯前に取るかメガネで乗車することをおすすめします!

車酔いをする人は酔い止めを飲んでおくと良いですよ!

夜行バスは、長時間の移動になるので車酔いするかもしれないと思っていました。そうならないように、酔い止めを飲んだら車酔いの心配がなく目的地まで行くことができました!

急な予約でも対応してくれた

急な用事が入り、夜行バスを利用しないといけなくなりました。夜行バスであれば24時間受付の対応をしてくれるので、無事に予約を取れて出発することができました!

夜行バスを利用する時は楽な服装がおすすめです

夜行バスはずっと座っておかないといけないので、楽な服装で乗りました。そうすると、服の締め付けがなく快適で楽にぐっすり眠ることができました!